2016年07月20日

【外国語】短時間で外国語を学習するための特選教材集! 英語・ドイツ語・スペイン語・ロシア語・中国語・韓国

a0055_000459.jpg
【外国語】短時間で外国語を学習するための特選教材集! 英語・ドイツ語・スペイン語・ロシア語・中国語・韓国語 



普段の生活でなかなか使わない外国語を修得するのは難しいですよね?



今回は英語だけでなく、他の外国語でも使えるポイントを説明します。



語学習得のポイント



1:+?それとも−?



その単語は+(プラス)なのか、−(マイナス)なのかを考えてみましょう。



つまり、いい意味なのか、悪い意味なのかを把握します。



いきなり意味を覚えようとするのは大変ですが、+か−くらいであれば



気軽にできる方法です。単語のイメージを記憶しましょう。



「justice」=正義、公正



例えば、正義を意味する英単語「justice」を覚える場合は+の



意味であるということを覚えます。



「単語」と「英文(1つの文、長文、話題、場面)」を



リンクさせてイメージしましょう。



「そういえば、あの単語って科学の話題に関する時に出てきたかも」



「あの単語って家庭生活に関するところにあったな」



というように、単語を出てきた場面や状況で覚えるようにしましょう。



日本語と外国語は違って当然!



日本語と中国語は漢字を使うという点では共通点があります。



日本語と韓国語は文法や発音が似ている単語があります。



英語から来たものが外来語として日本語にも根付いているものが多いです。



しかし、多くの言葉が日本語とは無関係な場合が圧倒的に多いのです。



そのため、単語帳を読む時にはこんなことを意識してみましょう。



「この単語を使えば、自分の考えが表現できるんじゃないか」





※画像が乱れている場合は、表示設定を変えてください。


※画像が小さい時は、画像をクリックしてください。





WS00001.JPG WS00002.JPG
WS0000018.JPG WS0000018.JPG





WS00003.JPG WS000004.JPG
WS0000018.JPG WS0000018.JPG





WS00005.JPG WS00006.JPG
WS0000018.JPG WS0000018.JPG













×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。